昨年暮れから異常的な乾燥が続いていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
先日テレビで空気の乾燥と人間の体の影響みたいなのを放送していました。
 人間の体は、空気湿度が30%以下になると、静電気等の影響を受けて血液がドロドロに
なってくるそうです。


樹木も人間も同じです。
 2月の節分を過ぎると、樹木は春に芽や花を咲かせるために栄養分を吸い上げ始めます。

           春に新芽を出す時には大きなパワーが必要です。

冬も夏と同じく樹木は乾燥します。日中の温かい時に時々でいいので水分を与えてください。
樹木や花が喜んでくれて、きっと春には期待に応えてくれるはずです。

まだまだ寒い日が続きます。
私たちも水分補給をして風邪などひかないよう気をつけて冬を乗り切りましょう!