鳥海石を使った野趣あふれる石積み

お仲間のエクステリア業者さんよりご依頼をいただき、マンションのエントランスの花壇を施工いたしました。お施主様のご要望は「自然な感じの花壇」ということで、大振りの天然石(鳥海石)を使い石垣を髣髴とさせる迫力のある花壇を完成させました。

和のイメージが強い石積みですが、洋風モダンなデザインのエクステリアにもよく調和しています。使用した鳥海石は岩手県産、噴火でできた石なのでざらざらした質感と濃い色合いが特徴です。現場での成型加工は全くしておらず、ひとつとして同じ形のない石を美しく組合わせていきます。伝統的な造園の「技」です。
 

 


←花壇内の小ぶりな石は浅間山の噴火石です。
砂質で軽いため施工もしやすいため、お庭でよく利用される石です。
鳥海石と浅間山の噴火石、大小のコントラストをはっきりと分けて配置することで一つのデザインとして互いの存在感を引き立たせています。
こちらの植栽スペースにも浅間山の噴火石を配しました。メイン花壇同様、土と石を敷いた部分のコントラストがエクステリアデザインのひとつのポイントとなっています。植えてあるタマリュウの成長も楽しみです。